クレジットカードブランド比較

MENU

クレジットカードブランド比較

クレジットカード申込の際に頭を悩ませるのが国際ブランドの選び方ですね。
一昔前は、海外に加盟店の多いVISAかMasuterCardが一般的でした。
ですが、最近ではJCB加盟店も増加しています。


一般的な観光地なら正直、どの国際ブランドでもさほど不便はありません。
むしろ重要となってくるのは、旅行先で受けられるサービスの差にあります。

ここではクレジットカードブランドを比較して選び方のポイントを紹介しています。

世界の5大国国際ブランド

世界のクレジットカード5大国国際ブランドは


  • VISA
  • MasuterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

この5つです。
ほとんどのクレジットカードはいずれかのブランドと提携していて、日本のみならず世界各地で利用できます。
世界中に加盟店数が多いのはVISAとMasuterCard。
JCBは唯一の日本発祥ブランドで、旅行サービスが充実しているのがポイントです。


AMERICAN EXPRESS、Diners Clubも旅行サービスで有名ですが、加盟店数が少ないのがデメリットですね。

VISA MasuterCard JCB
発行枚数 14億6200枚 8億1700枚 5575万枚
全世界加盟店数 2400万店 2500万店 1350万店
海外アシスタント 提携 提携 あり
現地優待ガイド あり あり あり
詳細

世界200以上の国と地域で使える「世界通貨」。
日本では三井住友カードを中心に、三菱UFJニコス、シティカード等と提携しています。

加盟店の数はVISAとほぼ横並びで、世界2大ブランドとして有名。
世界中でまんべんなく使えますが、とくにヨーロッパでは知名度が高いです。

世界5大国際ブランドの中で、唯一の日本発祥場ランド。
韓国や台湾、シンガポールなどアジアを中心に世界190カ国の国と地域で利用できます。

優待ガイド比較

ここでは、JCB、VISA、MasuterCardの優待ガイドについて比較します。
優待ガイドとは、世界の観光地ごとに使えるマップやお得情報を記したガイドを各ブランドが無料で配布しています。
各ブランドの優待ガイドは公式サイトからダウンロードできます。


JCB優待ガイド

買い物から、食事、マッサージまで多彩な店で優待ざんまい
掲載件数では他を圧倒。
各エリアの詳細な地図があり、これ1冊で街を散策できるレベル。
紛失・盗難受付デスクの電話番号も掲載。
冊子は郵送のほか、羽田、成田、関空でも配布。
掲載店のサービス料10%オフのサービスもあり。


VISA優待ガイド

掲載件数は少なめですが、有名どころはちゃんと押さえています。
冊子の郵送サービスがないのは不親切です。


MasuterCard優待ガイド

iPhoneとAndroidのアプリがあって便利です。
ただし、優待店に画面をみせても、「印刷しないとダメ」など対応はまだまだ。

アシスタンドデスクについて

各クレジットカード会社は、世界の主要都市にレストランやツアーの予約、トラブル時のサポートなど、さまざまなサービスを無料で行うアシスタントデスクを設置しています。


海外旅行に行く前にぜひ押さえておきたいのが、現地アシスタントデスクの情報です。
JCBなら主要9都市にあるJCBプラザ ラウンジと世界50カ国にあるJCBプラザを無料で利用できます。
とくにすごいのはJCBプラザ ラウンジで、フリードリンクやマッサージ機、wi-fi、新聞、ガイドブック閲覧などの機能が充実しています。
なによりすごいのは、スタッフの情報力です。
日本語を話せるスタッフが各都市に常駐して、足であつめた地元の新鮮なねたを提供してくれます。