ゴールドカード

MENU

ゴールドカード最新情報

ゴールドカードをはじめとするプレミアムカードは多くの人の憧れですね。
近年では年会費が格安のゴールドカードの登場や、招待制が基本だったプラチナカードに申込制が急増しているなど、その敷居は年々低くなって、選択肢も広がっています。


豊富な種類に加えて、審査のハードルも低くなってきていて、まさにゴールドカードを利用するかたも増えてきています。


ゴールドカードは普通のクレジットカードよりお得なの?

還元率だけで見た場合、ゴールドカードは一般クレジットカードに劣る場合も、多々あります。
ですが、ゴールドカードの特徴は、高額保障の旅行保険や、旅行の手配や病院の紹介をしてくれる専用のコンシェルジュサポートなどの豪華なサービスが受けられる点です。


参考までに年収別でおすすめのゴールドカードを紹介しています。↓


年収1000万の人

ジャックスカードゴールド

ジャックスカードゴールド
年会費が5250円と格安で持てちゃうジャックスのゴールドカードです。
2014年の3月よりポイントの仕組みが変わり、前年度利用額300万円でポイントが100%アップ!
多くの格安ゴールドの限定額が300万円なので、そこを超えると文句なしの高還元率ゴールドカードとなります。


>>ジャックスカードゴールドをみる



年収500万の人

P−one (Premium Gold)

P−one (Premium Gold)
ショッピングだけでなく公共料金や携帯電話料金も請求時に1%オフにしてくれる夢のようなゴールドカードです。
「P−oneモール」を経由して買い物すると、ポイントが最大30倍になります!
年間735円で「カーライフホッとライン」を申し込めばカーサポートも受けられます。


>>P−one (Premium Gold)をみる



お金がなくてもゴールドカードを持ちたい人

日本海信販ゴールドカード

日本海信販ゴールドカード
 鳥取県をはじめ日本海信販が管轄している西日本の特定の地域に住む人が持てるゴールドカードです。
ポイント還元率が1%で空港のラウンジも使えます。
年に1回の利用で年会費が無料になるので該当地域に住む人はもっておきたいゴールドカードですね。


>>日本海信販ゴールドカードをみる



エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
 マルイでお得に使えるエポスカードはゴールドのインビテーションを受ければ年会費無料になります。
入手条件は非公開なのですが、年間利用額が30万〜50万を超える人が受けられるみたいです。
マルイで頻繁に買い物するひとは、狙ってみてもいいかもです。


>>エポスゴールドカードをみる


ゴールドカードで受けられるサービスは国際ブランドで決まる!

ゴールドやプラチナといったランクの高いカードでは、アメックスやビザといった国際ブランドが提供するサービスの比重が高く、これが最大のメリットです。
特定のショッピングモールで購入するとポイント3倍になったり、10%オフになるといったものはカードの提携会社側のサービスです。


ホテル優遇や空港でのサービスは国際ブランド側が提供しているものであり、それぞれに特徴があります。


例えば、コンシェルジュのサービスは、アメックスが優れているといわれています。電話一本で旅行の手配をしてくれたりします。
しかし同じアメックスでもセゾン・アメックスではつながるコンシェルが別なので注意してください。

同じ国際ブランドでも提携カードの場合はこのようなことがあるので、注意が必要ですね。


このように国際ブランドのカードは、豪華なサービスに力を入れているためポイント還元率はよくない傾向にあります。
そこでゴールドと同じポイントが貯まるカードをもつテクニックがおすすめです。
サービスを受けるときはゴールドカード、買い物する場合は一般カードと使い分けをすればポイントの貯まり方がよくなりおすすめです。


ゴールドカードのランクが上がると国際ブランドのサービスが激変

カードのランクがあがるごとに付与されるサービスは国際ブランドによってかわります。

MasuterCard

クラブ・クルーズ
マスターカードはクラブやクルーズの優待などエンターテイメントに強いです。
豪華な遊びを楽しみたい人におすすめです。


VISA

ゴルフ優待
総合力のあるVISAはゴルフやレストランでのサービスが充実しています。
優先予約やゴルフ保険がサービスされ、ステータスの高い生活をサポートしてくれます。


AMERICAN EXPRESS

ホテルサービス
アメックスはホテルや航空のサービスが充実。
利用するだけでビジネスシートやスイートルームへの格上げがサービスで行われたりします。